Xoops ユーザー情報をカスタマイズする

Xoops

Xoops ユーザー情報に好きな項目を追加する

Xoops Cube Legacy-2.1.x

Xoopsのユーザー情報設定は硬直的で、追加したり減らしたりが難しいです。
ICQ、AIM、YIMなどのいらない情報をHTMLテンプレート上で消すことは簡単ですが、項目を追加するとなるとひと手間かかります。

注意:下記の手順はソースコードのHackになります。バックアップを取って自己責任で行ってください。

修正ファイル一覧

○phpファイル
・/kernel/user.php
・/modules/user/forms/UserRegisterEditForm.class.php
・/modules/user/class/users.php
・/modules/user/forms/EditUserForm.class.php
・/modules/user/admin/forms/UserAdminEditForm.class.php
・/preload/ThemeLanguage?.class.php (新しく作る)

○htmlファイル
/modules/user/admin/templates/user_view.html
/modules/user/admin/templates/user_search.html
/modules/user/admin/templates/user_edit.html

○ユーザーモジュールテンプレートファイル
・user_userinfo.html
・user_register_form.html
・user_register_confirm.html
・user_edituser.html

例では、invitationという項目を作ります。
invitationという項目には、フリーのテキストが入るとします。
ここでは、まず項目の設定と、データベースから読みだすまでを紹介します。

  • /kernel/user.php

function XoopsUser
内に

 $this->initVar('invitation', XOBJ_DTYPE_TXTBOX, null, false, null);

を追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です