.htaccess ベーシック認証 Internal Server Errorになる

Apache

.htaccess ベーシック認証 Internal Server Errorになる

.htaccessを利用して、IDとパスワードをつける、ベーシック認証という仕組みはよく用いられますよね。

単純な仕組みですが、それでもうまくいかない場合があります。
私の場合は、Internal Server Errorになったので、Apacheのログを見てみると

 Invalid command '\xef\xbb\xbfAuthUserFile', perhaps misspelled or defined by a module not included in the server configuration

となってまして、何か文字化け?かミススペルのようです。
問題は、BOM付きで保存していたからでした(^_^;
いやー、あるある。。。

次にぶつかったInternal Server Errorは

 Invalid command 'AuthGroupFile', perhaps misspelled or defined by a module not included in the server configuration

です。AuthGroupFileが設定されていないわけですね。

 AuthGroupFile

と書いてある行を削除しましょう。
.htaccessでベーシック認証をかける方法を説明しているサイトに、よく

 AuthGroupFile /dev/null

という記述もするべしと書いてありますが、これはなくても認証がかかります。
Apacheのエラーログが見られないレンタルサーバーなどだとこの辺試行錯誤するしかないので、時間がかかりますよね。

関連

.htaccessが利用できない

.htaccess のファイルがFFFTPで見られない

Webサイト作成 トラブル

FFFTPで接続したサーバーの.htaccessが見られない

.htaccessファイルは、Apacheのサーバー設定を上書きすることができるので、レンタルサーバーのディレクトリごとの設定などに利用されていると思います。
特に活躍するのは、パスワード保護などではないでしょうか。

この.htaccessファイルが、サーバー上で消えてしまう、確かにアップロードしたのに、FFFTPで見ることができないという場合、次の2点を確かめてください。

  1. オプション→環境設定→表示 の隠し属性のファイル、フォルダは表示しないのチェックを外す
  2. 接続→ホストの設定→(問題のサーバーを選択し)設定変更→「LISTコマンドでファイル一覧を取得」のチェックを外す

変更したら、FFFTPを再起動します。

.htaccess

PHPのエラー出力設定の変更

.htaccessとは

ApacheなどのWebサーバーの設定を、ディレクトリ単位で変更できる。
.htaccessという名前のテキストファイルをディレクトリに置くだけでそのディレクトリの設定を変更できる。

簡単にパスワードがかけられる、ベーシック認証などでよく用いられる。

共用のレンタルサーバーなど、Webサーバーの設定を変更できないときに有効。

Webサーバーの設定によって、.htaccessで変更できる内容は制限できるので、Webサーバーによっては利用できない機能もある。

$(document).readyとwindow.onload

Javascript

$(document).readyはDOMツリーの構築が完了した時点で発動します。
実装や発動タイミングはブラウザによって変わりますが、原則としてbody.onloadより先に発動します。

この時点ではまだ画像等他のファイルがロード中の場合があり、javascriptとファイルのロードが並列して実行されるのでレスポンスの改善が期待できます。

ただ、画像の加工等、画像ファイルのロードが済んでいることを保証する必要がある場合は、window.onloadを使います。window.onloadは、HTMLで記述した全ファイルのロードが完了してから発動します。

jQuery 1.2.2の記事になりますが、$(document).readyの挙動を解析した記事を紹介します。
http://hkom.blog1.fc2.com/blog-entry-614.html

顔アイコンの書き方

FrontPage

顔文字は次のように書けます。

 &heart;
 ⌣
 &huh;
 &oh;
 &sad;
 &worried;
 &musu;
 &clover;
  • 行中で&heart;と書くと、ハートマーク [heart] に置換されて出力されます。
  • 行中で⌣と書くと、 [smile] に置換されて出力されます。
  • 行中で&huh;と書くと、 [huh] に置換されて出力されます。
  • 行中で&oh;と書くと、 [oh] に置換されて出力されます。
  • 行中で&sad;と書くと、 [sad] に置換されて出力されます。
  • 行中で&worried;と書くと、 [worried] に置換されて出力されます。
  • 行中で&musu;と書くと、 [musu] に置換されて出力されます。
  • 行中で&clover;と書くと、 [clover] に置換されて出力されます。
  • 行中で&cat;と書くと、 [cat] に置換されて出力されます。
  • 文字参照文字は、表示されるときに置換されます。
  • 文字参照文字は、他のインライン要素の子要素になることができます。
  • 文字参照文字は、他のインライン要素を子要素にはできません。

他にSGMLで定義されている文字参照文字(©や®など)が使用できます。